ルート営業なめたらいかん

2014/7/28 (月曜日) | Filed under: 未分類

営業の中でも難しいとされるのは新規開拓営業ばかりであり、ルート営業は楽というイメージがあります。しかし、ルート営業と新規開拓営業の違いは、その顧客の種類の違いであり、どちらも重要であり、どちらが楽とか難しいということはありません。むしろ、顧客の種類を見れば、ルート営業は長く付き合っていくお客様を相手にするので、個々の活動の重要度はルート営業の方が高いということができます。また、ルート営業は単調な活動になりがちであり、そのために小さなことに気がつかないということがあります。顧客の利益は最大限に得られているか、お客様の隠れた要望は何かなど、小さなことに気がつくことがルート営業に必要なことです。
参考になるツール:営業日報ソリューションのリンク
ルート営業を名前だけで判断して、簡単なものだと思っていると意外なところで失敗をしてしまいます。新規開拓をするような気持ちで、常に気配りの活動をこころがけましょう。

営業日報の作成ポイント

2014/7/24 (木曜日) | Filed under: 未分類

営業日報ははっきりいって会社ごとに独自のものを使っています。そこに明確なルールはありません。ただし、最低限守っておきたいルールというものはあります。初めて営業日報をつける人は、是非とも知っておきたいところです。まず1つは、その日の訪問先企業の情報、さらには面会部署と担当者の情報です。これは基本中の基本と言っていいでしょう。これを最初に書いておき、名前ごとに情報を振り分けることができます。さらにここから、目的、得た情報、次回の訪問予定を書いていきます。そして、その日の実績、次回の目的、今回のまとめ、上司へのコメントを書いておけばいいでしょう。これはわかりやすく箇条書きでもいいですし、一つの文章にまとめてもいいでしょう。他の人が見やすい形にしていれば何でも構いません。情報を共有する意味も営業日報にはありますので、ぜひわかりやすくしておきましょう。

平均5500円!

2014/7/9 (水曜日) | Filed under: 未分類

皆さんは毎月どれくらいのスマートフォンの利用料金を支払っていますか?楽天リサーチが今年の5月末付に発表した金額だと、およそ5500円だったそうです。以前よりも料金が低くなったとは言われていますが、それでも結構な金額ですよね。しかも、アプリの利用やゲームで課金していけばさらに料金は上がっていく一方。しかも、携帯電話の本来の役割である通話に関する料金はだいたい1000円ほど。そこで、もともとの基本料金をいかにして少なくしているか、という調査が行われたそうなんです。調査結果によると、最も多かったのが料金プランを見直すこと。これはなんと4割の人が行っているそうなんです。たしかにどこの会社も新しい料金プランを出していますよね。条件が合えばこのプランは非常に有効です。次に多かったのが、無料通話アプリや安い通話サービスを使うというもの。これは私の周りでよくみられます。簡単ですからね^^皆さんは見直しや工夫していますか?

軽自動車の「N-WGN」のエアーバッグの技術を採用

2013/12/16 (月曜日) | Filed under: 未分類

なんとスマホケースに車のエアバッグ技術を採用したものが後悔されたそうです。このことが紹介されているスマホレビューに開発されたケースの写真も載せられていやのですが、ふかふかで丈夫そうなベッドにハマっている^^という感じ。蓋もありそちらの方にはバッテリー、ボンベ??、バルブ??、加速度センサー???などがおさまっています^^このケースを開発したのは本田技研工業。「落下によりスマートフォンを破損させ、悲嘆にくれていた開発者が、車のエアーバッグの技術を利用して、スマートフォン保護ケースを開発」したとのこと。ボンベやバルブは、ケースが落下した際に加速度センサーがそれを感知して、瞬時にケースの中にガスが充満してスマホを守るというものらしいです。なんでそこまで・・しかも実際に使われることは無いと分かっている・・つまり、ノリで作ってみた!というようでした^^でも確かに、スマホを落とす人ってよく落とすようですね^^角がきったなくスレて汚れてるんですよね^^

日本人は韓国ブランドに興味を示さない・・・?

2013/12/3 (火曜日) | Filed under: 未分類

これは中国のメディアが伝えているそうなんですが、日本では韓国ブランドサムスンには興味が薄く、アメリカのアップルに負けている、というのです。その理由がスマホレビューに書かれていたのですが、「 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、日本人がアップル製品をこぞって買い求めるのは、バーバリーやルイ・ヴィトンに熱狂するのと同じことだと指摘した。「iPhone」は日本人にとって誰もが欲しがるブランド物という位置づけだ。」とのこと。私も全く同じ意見ですね^^要するにブランド志向の人がアップルで購入しているのでしょう。勿論、パソコンなどでもアップルに使い慣れた人や、アップルの素晴らしさを知っている人も購入しているとは思いますが、ブランド力という点においての購入が多いのは事実だと思います。さらに、「サムスンの日本市場での敗北とアップルの成功は、日本人の文化と一定の関係があるとみる向きもある。サムスンのスマホは機能は豊富だが、使い方が少し複雑だという声もある。一方、アップルの「iPhone」は誰でも簡単に操作できるようになっている。」と。なるほど、この理由も一理ありますね!

アップル公式カナルイヤホン

2013/10/31 (木曜日) | Filed under: 未分類

美しいスマートフォンアクセサリーと言えば、アップル社の公式アクセサリーがあります。アップル社はiPhoneと同じく、アクセサリーも白で統一されています。公式のアクセサリーの最近の傾向といえば、カナル型イヤホンの登場など、これまで少々おそまつだった音質の部分に力を入れ始めています。アップルのイヤホンはこれまでのものと同じく、音量調整や選曲のコントローラーがイヤホンに付属しており、マイクでの通話も可能となっています。その上で、音漏れが少ない高音質のカナル型イヤホンを公式で発表したということで、注目が集まっています。アップルの標準イヤホンも性能を進化させたようですが、それに加えてカナル型も発売したということは、それだけ音質に自信のあるつくりということでしょう。一度購入し、その音質を他のメーカーのカナル型イヤホンと比較してみたいものです。おすすめです。

Twitterアプリがアップデート

2013/9/7 (土曜日) | Filed under: 未分類

TwitterのiOS、Android版アプリとWeb版がアップデートされました。このアップデートでは、フォローしている人同士の会話を青い線でつなぎ、ひとかたまりにしてタイムライン上に表示できるようになっています。この変更は、複数人で会話する時に便利なものですね。Twitterで複数人で会話をすることは意外と少なく無いと思いますが、これからはスムーズに話が進みそうです。またリプライの並び順が、新しい順から時系列順(古い順)に変更されました。会話の詳細ページで、最新の投稿のすぐ下に新規投稿欄が表示されるように。こちらの変更は特にスマートフォンでTwitterをするのが快適になりそうです。そこまでのツイートの流れを確認しながら、新しいツイートを投稿できるようになりますよね。どちらも人同士の会話を意識したものなのかも。この機会にスマートフォンでTwitterをはじめてみることをおすすめします。

Google、紛失Android捜索サービス

2013/8/23 (金曜日) | Filed under: 未分類

Googleが新しいサービス「Androidデバイスマネージャー」の提供を開始しました。これはなくしたAndroidデバイスを探すためのサービスです。端末を登録してあるGoogleアカウントを使い、専用Webサイトにアクセスすることでサービスを利用できます。端末の着信音をリモートで鳴らしたり、地図上に端末の位置を表示したりといった機能は頻繁に使う機会があるかもしれません。自分が見つける前に誰かに操作されないように、端末をロックしたり、出荷時設定へリセットすることもできます。ケータイキャリアにも紛失ケータイの捜索サービスはありますが、こちらはカスタマーサポート等を通す必要がないため気軽に利用できるところがポイントですね。スマートフォンには大事な個人情報がたくさん入っていますから、Androidユーザーの方はいざというときのためにこのサービスを覚えておき、利用してみることをおすすめします。ただし、サービス利用には端末の現在地データをGoogleに送信しなくてはならないことに注意です。

一番満足できるモバイルWi-Fiルーターは○○○。

2013/7/23 (火曜日) | Filed under: 未分類

MMD研究所が、モバイルデータ通信サービスに関する満足度調査の結果を発表した事が分かりました。同調査では、WiMAX、イー・モバイル、ソフトバンク、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用している20歳以上の男女を対象に、料金やネットワーク通信などのサービス面での満足度や、利用している端末の満足度、今後加入する際に重視したい点などを調査したそうです。まず、提供サービスの満足度については、「満足」と「やや満足」の合計値で63.8%を獲得したWi-MAXが1位となり、他のサービスと比較しても満足度が高かったようです。続いて2位はイー・モバイル、3位がドコモ、4位がソフトバンクという結果が得られたそうです。ほかに「初期費用」「速度制限の有無」といった項目別満足度においても、WiMAXサービスが全10項目中5項目で満足度50%を超え総合的満足度で見てもWiMAXが首位となったそうです。また、モバイルWi-Fiルーターを購入したきっかけとしては、通信費の見直しがトップ、ルーターとの同時購入割引キャンペーンが量販店などで行われている「タブレット端末」や「PC」も上位に入った他、スマートフォン購入時にWI-Fiルーターを購入したと回答した人も多かったようです。皆さんはWi-Fiルーターを利用していますが?今後利用してみたいという方は、今回の結果を参考にしてみてはいかがでしょうか。

スマホのキャリアを考える

2013/6/27 (木曜日) | Filed under: 未分類

スマートフォンのキャリアを考える際に、基本となるのは三大通信会社です。ドコモ、au、ソフトバンクが日本での主要な通信会社になっています。スマートフォンのキャリアについては、その違いを把握することが大切です。特に機種のラインナップの違いについて把握すると、非常にわかりやすいです。例えばドコモは、高性能の機種を揃えているのが特徴です。アンドロイド機種しか扱っていないものの、その機種数も他の会社に比べれば充実しています。まずはドコモのスマートフォンを見ると、自分にぴったりのスマートフォンが見つかるでしょう。auについては、使いやすい機種が多く、わかりやすいサービス展開が特徴としてあります。また、iPhoneを扱っており、通信回線なども非常に安定していて、範囲も広いですので、入門としてauは最適です。ソフトバンクについては、政庁が著しく、他の会社にはない革新的なサービスを行なっています。